大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
津波からみんなをすくえ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

津波からみんなをすくえ!


出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

あの災害の後だから

3月11日の大津波による大災害の後だから、とても重要に思える本でした。
あの災害の後だから、実話をもとに小泉八雲が『生き神さま』という話を書いた話を知りました。
『生き神さま』が教材『稲むらの火』が作成され、長い間小学校の教科書で扱われたことを知りました。
そして『津波!!命を救った稲むらの火』を知り読みました。
その中で釈然としていなかったことがこの本を見つけて得心できました。
『津波!!命を救った稲むらの火』に乏しかった現実感が、この『津波からみんなをすくえ!』では、より事実に近い認識として感じられたからです。
大地震のあとの津波。
梧陵さんは村人を高台に逃げるように呼びかけて村を回ります。
多くの人を救えたけれど、全員が逃げ切る前に津波は押し寄せてきたのです。
逃げ遅れた人を招くために稲むらに火をつけて目印にします。
その火は逃げ遅れた人々を勇気づけ、津波が去った後の行場所を教えます。

犠牲者がなかったわけではないけれど、多くの命を救った梧陵さんはその後の津波対策に私財をなげうって堤防を作ります。
今回の予想以上の大津波に対して堤防は完全ではありませんでした。
しかし、この本に書かれていることがとても重要なことは痛感できます。
この本には、津波に関する知識、対応が書かれています。

これだけの本が津波の後ではなく、5年前に出されていることにも意味を感じました。
多分、出版されたときに危機感を持って取り上げる人は自分自身も含め多くはなかったでしょう。
転ばぬ先の杖のような話は、難しいと思いながら、この本を取り上げることに遅いということはないと思っています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

津波からみんなをすくえ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット