庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
夜行バスにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夜行バスにのって

  • 児童書
作: ウルフ・スタルク
絵: 堀川 理万子
訳: 遠藤 美紀
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「夜行バスにのって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年01月
ISBN: 9784037266301

小学5.6年生から
20cm×14cm 166ページ

12歳〜 編集部おすすめ

出版社からの紹介

夜行バスの運転をしている父さんと、ふたりで暮らしているシクステン。不器用な父と息子との愛情を描いたスウェーデンの話題作。

ベストレビュー

お父さんバンザイ!!

登場人物の名前は違うけれど、スタルクの『シロクマたちのダンス』の続編のようです。
『シロクマ…』は、突然離婚してしまった両親の間で息子が父への思いを強くする話でした。
『夜行バスにのって』は離婚した父子家族が舞台。
夜行バスの運転手の父の結婚相手を探して、息子のシクステンが友だちと奮闘する話です。
交際相手募集の新聞記事を頼りに、ガールフレンド候補を父に押し付ける苦労話(?)が思い切り笑えます。
一方でシクステンも思春期世代。
当人も甘酸っぱい思いを感じながら、エンテと親しくなっていきます。
ホームコメディとしては一級品。
父と息子がこれほど楽しい関係であることにうらやましさを感じつつ読了。
読み聞かせはできませんが、ヤングアダルトに向かう少年少女のエンターテイメントとしてお奨めです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

堀川 理万子さんのその他の作品

あーといってよあー / はじめてのギリシア神話 / ひっつきむし / いっすんぼうし / 宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮 / よるの おきゃくさま

遠藤 美紀さんのその他の作品

キングの最高の日 HUNDEN SOM



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

夜行バスにのって

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット