しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
ノチョとヘイリ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ノチョとヘイリ

写真・文: 水口 博也
出版社: シータス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

水口さんの記録の集大成

15年もの間、水口さんはバハマの海に生活するタイセイヨウマダライルカを追い続けました。
自分からするとイルカはみな同じに見えるのですが、ノチョと名付けられたメスのイルカを、バハマを訪れる都度探し出すのは大変なことでしょう。
このノチョは、ヘイリという赤ちゃんを産みました。
ヘイリを産んでから8年の間にノチョはほかに2頭のイルカを産みます。
イルカの成長によって変わる模様のこと、母子はいつまでも仲の良いことをマリンブルーの世界の中で語り続けてくれました。
物語性は少ないのですが、イルカの生活を知るためには良い写真絵本です。
日頃穏やかで人懐っこいイルカが、獲物を捕獲するときの厳しい表情を知ったことも収穫です。
『マッコウの歌』では、老人と少年というキャストに物語をかたらせましたが、この絵本はドキュメンタリータッチ。
イルカの成長を紹介することを優先させたのでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水口 博也さんのその他の作品

クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑 / クジラ・イルカのなぞ99 / ぼくが写真家になった理由 クジラに教えられたこと / クジラと海とぼく / ぼくら地球のなかまたち イルカ / クジラ 大海をめぐる巨人を追って



2つの写真のまちがいをさがそう

ノチョとヘイリ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット