モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
どーんちーんかーん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どーんちーんかーん

  • 絵本
作・絵: 武田 美穂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年08月
ISBN: 9784061324787

6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

やまぶしさんは、修業よりもいたずらが大好き。今日も寝ているキツネを驚かせて、大喜び。
ところが辺りは急に暗くなり、遠くから不思議な声が近づいてきて……。
作家の武田美穂さんのお家で、おじいちゃんのそのまたおじいちゃんから、語り継がれてきた昔話を絵本化。
ちょっぴり怖いけど、ホッとするあたたかいお話です。


・作/武田美穂さんからのメッセージ

これは、わたしがちいちゃいころ、夏休みに徳島のおじいちゃんちに行くたびに聞かせてもらったとっておきのお話。夏の夜、いとこたちと、おじいちゃんをかこんで、どきどきわくわくしながら聞きました。
毎年の行事だからお話の流れはわかってるのですが、何回聞いても「ひゃー!」「きゃー!」と、エキサイトしましたね。江戸時代から武田の家にずーっと伝えられてきた話ということで、おじちゃんたちも、わたしの父ももちろん話せたんだけど、やっぱりおじいちゃんの、ゆったりした徳島弁のは、絶品でした。この絵本もそんな楽し怖ーい雰囲気で読んでいただけると嬉しいです。
あっ、読み聞かせの時は特に擬音は気合いをいれて、お願いします。聞き手を「きゃー!」とエキサイトさせられたら、グッジョブですっ!

どーんちーんかーん

ベストレビュー

すごい迫力、これ絶対読み聞かせ向きです

武田美穂さんといえば、仲間のおかあさんが読み聞かせで読んだ、『おかあさん、げんきですか。』が子どもたちにバカウケしたのを目の当たりにして、そのあっけらかんさと子ども心に食い込むすごい人だなと思っていました。
今回のこの『どーんちーんかーん』は、さらにその上をいく大ヒット作です。
なにしろ、話の流れに自分も呑みこまれてしまいましたから。

いたずら好きの山伏さん。
うたた寝しているキツネをほら貝でおもいきり脅かしました。
そこまでは明るいお話だったのに、急に薄暗くなって、不気味な夜に。
お葬式の葬列、棺桶から出てきた死体、それはやまんばとなって…。
迫力のある怖さにぐっと緊張感が走りました。

この絵本にあるのは明暗の使い分けの素晴らしさと、擬音語の連発。
子どもたちの大好きなオノマトペでどんどん緊張感を高めていきます。
緊張感を思い切りためた後の、話のスピード展開。
必死に逃げる山伏さんが逃げ込んだのは…。

最後にはホッとして、騙されてしまった自分に思い切り照れ笑い。
これ絶対読み聞かせでウケます。
素読みして、このままお気に入り棚に収めておくことにしました。
出番は夏。
※※さん、この本は私に読ませてくださいね。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武田 美穂さんのその他の作品

かみなり どん / ぴっかぴかえほん ぼくのきんぎょをやつらがねらう! / いつでもインコ / ポプラ世界名作童話(6) 西遊記 / ごいっしょにどうぞ / 戦争と平和のものがたり(1) ちいちゃんのかげおくり



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

どーんちーんかーん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット