星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ゴールデンハート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴールデンハート

作: ウルフ・スタルク
絵: エンクヴィスト
訳: オスターグレン 晴子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ゴールデンハート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年05月
ISBN: 9784039672605

22cm×16cm 47ページ

出版社からの紹介

ピアノコンクール目前に始まった少年の恋。北欧の短い夏を舞台に、多感な思春期の少年の心を叙情味あふれる筆づかいでつづる。

ベストレビュー

スタルクのピュアな恋物語

スタルクの作品を読んできた中で意外感のある作品です。
内容は少年ルードヴィヒが一目ぼれした少女カタリーナに思いが通じるまでの、甘酸っぱい恋物語。
カタリーナに心を奪われてしまったルードヴィヒは、何とかして自分の本心を受けれてもらいたいと、いろいろなプレゼントをします。
それでもカタリーナはなかなかイエスと言ってくれません。
それは、カタリーナの両親が間もなく離婚するから。
自分にはずっと続く愛が欲しい。
ルードヴィヒの親も離婚して、現在は母子家庭です。
カタリーナの気持ちはわかります。
ピアノコンテストの前にして練習に集中できないルードヴィヒは、コンクール当日に突飛な行動に出ます。
とても映画的でロマンチックで、お話はハッピーエンド。

この作品の意外性は、ウルフならではのサービス精神が抑えられていることです。
一つは笑い。
私はウルフの作品のドタバタが好きです。
一つは背景の深堀。
この作品では、お互いの家庭環境があまり見えてこないのです。
最後にキーとなるメロディ。
ルードヴィヒがコンクールで弾いた曲、カタリーナの口ずさんでいた曲は何だったのでしょうか。
普段なら種明かししてくれているのですが。

この作品には、じらされてしまいました。
それだけ、二人の恋物語がストレートに描かれています。
他の読者はどう評価するでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

オスターグレン 晴子さんのその他の作品

とりが ないてるよ / サリー・ジョーンズの伝説 あるゴリラの数奇な運命 / ママはびようしさん / ポンテのはる / キムのふしぎなかさのたび / のら犬ホットドッグ大かつやく



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

ゴールデンハート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット