ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
コウモリとしょかんへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コウモリとしょかんへいく

作・絵: ブライアン・リーズ
訳: 西郷容子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「コウモリとしょかんへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年8月31日
ISBN: 9784198632397

5歳から
32ページ/24cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「今夜は窓があいてるよ!」。うれしい知らせに、コウモリたちが大喜びで飛んでいったのは…図書館です!
大人たちは、ごちそうの本に夢中。子どもたちも、絵本の読み聞かせにひきこまれ…?
絵に描きこまれた、児童書の名場面を探すのも楽しい、『コウモリうみへいく』の続編。

ベストレビュー

コウモリが名作に夢中!?

『BATS AT LIBRARY』が原題。
真夜中のコウモリのおはなし、ということで、少しホラーかな、と躊躇していましたが、
「としょかんへいく」との題名につられ、読み進めるととても愉快な作品でした。
小学校のおはなし会で読みましたが、とても受けが良かったです。
真夜中のコウモリたちは、図書館の窓が開いていることに気付きます。
さあ、コウモリたちの図書館タイムの始まりです。
以前にも来た事があるという、通の大人たちは早速お目当ての本に夢中、
はじめての子どもたちは館内の機材で遊び始めるのですね。
OHP、コピー機などなど、わかるわかる、その気持ち。
聞いていた児童たちにも大うけでした。
さてさて、クライマックスは読み聞かせ。
コウモリはぶらさがって見るので、本も逆さという、さりげない演出もあります。
お話に夢中の姿が素敵です。
お母さんのおひざの上で聞いている子どももいますね。
みんなが物語に引き込まれ、登場人物になりきっているのですが、
それらが名作の数々。
『かもさんおとおり』、『おやすみなさい おつきさま』、赤ずきん、アーサー王物語・・・。
おやおや、ピーター・ラビットまで。
聞いていた児童たちと大いに盛り上がりました。
図書館や本の楽しさがいっぱい描かれていて嬉しくなりました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

ブライアン・リーズさんのその他の作品

よくばりなカササギ / コウモリうみへいく

西郷容子さんのその他の作品

レッドウォール伝説セット(全4冊)



働くパパママへエール!ちょっぴりホロリなあったか家族の物語

コウモリとしょかんへいく

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット