なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
紙芝居 とんだとんだ! コウノトリ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 とんだとんだ! コウノトリ

作: キム・ファン
絵: 後藤 範行
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年09月07日
ISBN: 9784494079865

4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

コウノトリのコウちゃんを守ろう! 1970年福井県武生市に舞い降りた、くちばしのおれたコウノトリ。
子どもたちの活動、そして大人たちのあきらめない努力、失われそうな命がつながり
1994年ついに卵からひなが生まれ、2007年にコウちゃんの孫が大空へ飛び立つまでを描きます。

1970(昭和45)年12月、福井県武生市(現・越前市)白山地区に飛来したコウノトリ「コウちゃん」は、
兵庫県豊岡市のコウノトリ保護増殖施設へ移送され、34年間たいせつに飼育されて、1羽の子どもと4羽の孫を残しました。
コウちゃんの剥製はいまも豊岡市のコウノトリの郷公園に展示されています。
2011年5月、越前市は「コウノトリが舞う里づくり構想」を策定しました。
子どもたちの環境学習にこの紙芝居をご活用ください。

紙芝居 とんだとんだ! コウノトリ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キム・ファンさんのその他の作品

ツシマヤマネコ飼育員物語 動物園から野生復帰をめざして / すばこ / きせきの海をうめたてないで! / きみの町にコウノトリがやってくる / サクラ −日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語−

後藤 範行さんのその他の作品

はじめての漢字えほん 1年生の漢字がわかる!



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

紙芝居 とんだとんだ! コウノトリ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット