だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
せんろはつづく どこまでつづく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんろはつづく どこまでつづく

  • 絵本
文・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784323024424

幼児
23.6×24.5cm・32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


鈴木まもるさんにインタビューしました!

みどころ

 線路をつなげていって列車を走らせる・・・その楽しさは、子どもはもちろん、
子どもと一緒にプラレールなどで遊んだ経験のある大人でも、すぐにピンと来ますよね。
「せんろはつづく」シリーズを読んでいると、まるで絵本の中の子どもたちと一緒に遊んでいるような感覚になれるので、何度でも繰り返して読んでしまいます。
このシリーズが面白いのは、最後まで線路が終わらないところ。
まだ続くのかな、どこまで続くのかな・・・この余韻がいいのかもしれません。
そして嬉しい第3弾の登場。今度は表紙からもわかるように、新幹線が登場するのです!
どうやって遊ぶのかな?ひょっとして汽車と連結しちゃうのかな?
線路をつなげていく楽しみはそのままに、色々な種類の好きな列車が登場したり、それぞれが得意の力を発揮してくれたり、とにかく電車大好きな子どもたちの夢を、絵本の中で実現してくれているようです。
息子と一緒に電車好きとなってしまった私としては、シリーズ3冊全部好きなのですが、
今回は特に、大人もうっとりしてしまう場面がいくつもあることを特筆しておきます!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

大人気絵本『せんろはつづく』待望の第3弾! いっしょにあそぼうよ!

線路と線路をつないだら、列車をつなげよう。
坂道がのぼれないときは、ディーゼル機関車につなげよう。
新幹線も貨物列車もブルートレインも、みんなつなげて走らせよう。
いろいろな列車が登場、親子で一緒に楽しめる絵本。

ベストレビュー

いろんな列車がつながるつながる

「せんろはつづく」が子供たちに好評だったので、続編を図書館で借りてきました。今回は機関車が新幹線や貨物列車など、いろいろな列車とつながっていくストーリー。普通、新幹線と機関車がつながるはずはないのだけれど、子どもたちがプラレールなどの電車のおもちゃで同じようなことをしているので、なぜか見慣れた光景に(笑)。ふみきりやターンテーブルなど電車周りのアイテムの他、野原や川や動物までも細かいところまで描かれていて、1ページ1ページじっくり見たくなります。
ただストーリーは、前作のようなワクワクするような展開ではなく、絵を楽しむ絵本かなと思いました。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい / たんじょうび おめでとう



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

せんろはつづく どこまでつづく

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 30人

ママの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット