貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
らいおんはしった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

らいおんはしった

  • 絵本
作: 工藤 直子
絵: 中谷 千代子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「らいおんはしった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784834026429

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・32ページ

出版社からの紹介

ライオンはみんなとあいさつや話をしたくて近づくだけなのに、いつもみんなは逃げたり、
助けを求めて叫んだりします。それがくやしくてライオンはそんな動物たちを食べていました。
ところがある日出会った1匹のシマウマは、初めてライオンにあいさつをしてくれ、ゆっくり話を
聞いてくれたのです。2匹は友だちになりました。柔らかい色調の絵が、心にしみる物語を彩ります。

ベストレビュー

はじめてともだちが できた

ぶきっちょで、さみしがり屋のライオンは、
ただただ、怖がられるから
ついつい、本当のこわいライオンになってしまっていたらしい。
あきらめていたのに、さいごに出会ったシマウマはちゃんと話が通じた。
信じられないくらい嬉しかったのでしょう。
はじめて、本当の話が出来る友達を持った喜びが
描かれていると思います。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 直子さんのその他の作品

さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン / おいで、もんしろ蝶 / 地球パラダイス

中谷 千代子さんのその他の作品

るるのたんじょうび / もりのまつり / 新装版 かえって きた きつね / ブレーメンのおんがくたい / Wake up、 Hippo! かばくん (英語版) / 復刻版 ちいさいモモちゃん1 おばけとモモちゃん



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

らいおんはしった

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット