モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
黒いバイオリン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒いバイオリン

作: ウルフ・スタルク
絵: アンナ・ヘグルンド
訳: 菱木 晃子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「黒いバイオリン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年07月
ISBN: 9784751518908

小学校低学年〜中学年
サイズ: 20×13cm ページ数: 40頁

出版社からの紹介

病気の妹を気づかう兄のやさしさと、生きることへの喜びがあふれだす、スウェーデンの人気コンビ、スタルク&ヘグルンドの絵童話。

ベストレビュー

病気の妹を元気づける兄 死に神を追い払う力

黒いバイオリン  暗いイメージ通り・・・

 寝たきりの妹を思って兄の愛が感じられました
文章が繊細なタッチで書かれていて情景が美しい  サーラと一緒に遊んだ思い出が次々に思い出されます
バイオリンを弾いてという妹 
パパがドイツで買ったバイオリン 自分は弾けないと言ったけれども 
妹のサーラはどうしても弾いてほしいと言うのです
弾いていると なんと 死に神が出てくるんです
ちょっと いやな予感が・・・(死に神が妹を連れていくのでは?)

でも、死に神も 楽しいメロデーが流れてくると 笑い出すのです
♪<喜び>♪ この曲を聞くと 笑いすぎて 体が壊れてしまう   意外な死に神の反応に おもしろく思えました

そして 今度は ♪<命への愛>♪を弾くと 「こんなきれいな曲は
はじめてだ」 死に神は目をつむりうっとりと聞いていて・・・・

朝日が出てくると 死に神は まどから出て行ってしまうのです
「ありがとう」といって姿を消すのです

そして 病気の妹は元気に起きあがるのです
「おにいちゃん ずっと そばにいてくれたのね」

なんという 不思議な 喜びが わいてくるのです 
このような事が現実に起こったら 良いですね!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

アンナ・ヘグルンドさんのその他の作品

聖ヨーランの伝説 / かきねのむこうはアフリカ / 地獄の悪魔アスモデウス / チャロとライオン / 青い馬と天使 / おねえちゃんは天使

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

黒いバイオリン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット