なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
マンモスが地球を歩いていたとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マンモスが地球を歩いていたとき

  • 絵本
作: キャロライン・アーノルド
絵: ローリー・ケイプル
訳: 高橋啓一
出版社: 新樹社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マンモスが地球を歩いていたとき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

マンモスのことがよく分かります。

この絵本は愛知万博の冷凍のマンモス(化石)展に合わせて出版されたようです。
この絵本を読んで驚いたことは、いわゆる私が通常「マンモス」と認識していたものは、30万年前から50万年前にヨーロッパで生息していた「ケナガマンモス」のことで、北アメリカで多く発掘されている「コロンビアマンモス」は、外見はゾウのようで、「ケナガマンモス」に比べると、あまり毛がはえていなかったと考えられることでした。
マンモスと一口に言っても、地球の氷河時代を何万年も生き抜いてきた生き物で、それこそいろいろな種類がいたのだと、改めて知りました。
子供たちにこの絵本を読んでいて、難しい本や図鑑を読まなくても、おおよそのことを知ることができる「絵本」というジャンルに改めて、感動しました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




困っているぼくのところに本物の神様が!

マンモスが地球を歩いていたとき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット