もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
雑誌づくりの決定的瞬間堀内誠一の仕事
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雑誌づくりの決定的瞬間堀内誠一の仕事


出版社: マガジンハウス

本体価格: ¥5,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「雑誌づくりの決定的瞬間堀内誠一の仕事」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

雑誌作りの堀内誠一さん

どんな仕事でも、携わる人が変わるとその仕事の質や意識が変わっていくことがあります。

そんな時、結局仕事は人なんだなあと感じます。

堀内誠一さんの絵本作りや人柄が知りたくて、堀内誠一さん関連の本を読み始めました。

『anan』『POPEYE』などの雑誌作りに関わられていたことは知っていましたが、これほどまでに多才であったことは知りせんでした。

どの人のエピソードの中にも出てくるのは、堀内さんの神業のような仕事の早さ、集中力、好奇心などです。

最初、堀内誠一さんの絵本の仕事のことだけを知りたいと思っていた私も読んでいくうちに、どこからが絵本の仕事でどこからが雑誌の仕事という区分をするのを考えるのは難しいと思うようになりました。

堀内誠一という類まれな才能を持った人が、日本の雑誌や絵本の世界の一時代にいたということは、とても幸せなことだったのだと思います。

没後、何年経っても堀内さん関連の本の出版は途絶えることなく続いているのも堀内さんの人柄を愛する人たちが多いことも関係していると思います。

雑誌での仕事もさることながら、エピソードの中で綴られる堀内さんの人柄にも魅了された一冊でした。

堀内誠一さんのセンスがお好きな方に読んでいただきたい本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

雑誌づくりの決定的瞬間堀内誠一の仕事

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット