おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくは...
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは...

作・絵: 三浦 太郎
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくは...」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784893093660

出版社からの紹介

ぼくは うそつき
ぼくは 愚か者
ぼくは ほれっぽくて
ぼくは エゴイスト...

自分の中にいる、いろんな自分
正反対に見える面をあわせもつ人間 だから、
人生はたのしい……

ベストレビュー

哲学的

よく思うことは、人は多面体であること。

人との関係や自分と向き合う時のあり方で感じたり気付いたりすることがあります。

時には愚か者で間違いを犯したり、時には短気で人を怒ったりと。

自分のことを気付かせてくれるのは、自分ではなくて他者の存在でもあります。

本を読む時、人と接する時の自分とそのもの(その人)との間に生まれる空気感が

その時の自分であると思います。

三浦太郎さんには「ぼくは」というシリーズがありますが、この本は特に哲学的な内容だなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三浦 太郎さんのその他の作品

でんしゃがきました / おやすみ ぞうちゃん / ぞうちゃんの いやいや / ぞうちゃんとねずみちゃん / ゴリラのおとうちゃん / プレゼント版限定カバー付 くっついた



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぼくは...

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.93

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット