ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
いとしのロベルタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いとしのロベルタ

  • 絵本
作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784871100137

32頁 270×210mm

出版社からの紹介

わたしのロベルタがいなくなってしまった
わたしのなにが いけなかったんだろう

極上のナンセンスとユーモアのハーモニー!
佐々木マキならではの世界。

ベストレビュー

何度も行きたくなる不思議世界

「シュール!!!」
これが、一番素直な感想です。こんなにシュールで摩訶不思議な絵本には、今のところ出会ったことがありません。

表紙のおじさんが、「いとしのロベルタ」を探してほうぼうを歩き回る。
彼女が出て行ってしまった理由を考えながら。時に深く反省しながら。
いやでも、自分は間違っていないよなあ などと考えながら。
そして、最後にはついにロベルタの姿が明らかに・・・。

文章で書くと、何とも味気ないあらすじになってしまいますが、ふと思い出した時にどうしても読みたくなるんです。
購入して正解でした。例え立ち読みだけしたとしても、きっと後日後悔して、結局購入することになったでしょうから・・。
佐々木マキさんの絵本を初めて購入したのですが、この「いとしのロベルタ」がきっかけでその不思議世界にどっぷり浸かり、抜け出せなくなってしまいました!(もちろん、良い意味で!)
おじさんの背景に広がる、へんてこなもの、人(?)、生き物(?)、世界・・・。読んでいると、何だかへんてこな音まで聞こえてくるような気がします。
何とも不思議なマキさんワールド、言葉ではうまく伝えられないので、ぜひ一度体験してみて下さい。不思議な事が好きな方には、特におすすめです。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐々木 マキさんのその他の作品

あかいけいと / あおいともだち / ひょっこり ひとつ / ねこ・こども / わるわるイッサイ / 南極のスコット大佐とシャクルトン



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

いとしのロベルタ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット