ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
大食いフィニギンのホネのスープ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大食いフィニギンのホネのスープ

  • 絵本
作・絵: カンブリア・エバンズ
訳: 川島誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月30日
ISBN: 9784776404767

9〜12歳
26×26cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ガイコツのフィニギンは大食いで、みんなに恐れられています。ハロウィンの日、知らないさびしい土地にやってきたフィニギンは、「なんてすてきなところだろ。ここならきっと、すてきなハロウィンのごちそうパーティーに出会えるぞ」と楽しみにしています。ところが町のみんなは、フィニギンが来ると知って、大急ぎでたべものを隠します。フィニギンは、ごちそうにありつけるでしょうか。魔女、ビースト、ゾンビ、ミイラ、オオカミ男など、化け物たちが登場するハロウィンの楽しいお話。主にヨーロッパに伝わる民話『石のスープ』を題材に、楽しくユニークに、そしてちょっぴり気持ち悪く味付けしたハロウィン版『石のスープ』です。

ベストレビュー

ちょっと怖そうなおはなし

フィニギンはガイコツ。
だから、登場人物も魔女やゾンビといった怖そうな人たち・・・。

でも、ぜんぜん怖くありません。
どちらかというと、かわいい雰囲気さえ感じます。
そう、絵がかわいいのです。

話はどこかで読んだようなお話で、おいしいスープを飲むために、フィニギンは知恵を働かせます。

おなかいっぱいおいしいスープを食べられたフィニギン。

細かい絵を見ていろいろ発見するのも楽しいし、面白い絵本でした。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

川島誠さんのその他の作品

ポプラ文庫ピュアフル ぼくらが走りつづける理由 / おはなし飛行船 ゲキトツ! / しろいくまとくすのき



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

大食いフィニギンのホネのスープ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット