すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
こぐまの森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぐまの森

作: 本田 ちえこ
絵: 本田 哲也
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784039645104

対象年齢:3・4歳から

出版社からの紹介

人間に捕らえられ、罠から逃げ出したこぐまは、別の親子ぐまと出会い、ともに暮らす。一匹のヒグマを通して自然の大切さを描く。

ベストレビュー

抱っこされたこぐまに感動

この絵本の原画をみました。
作者の本田さんは、自然と動物を大事にし
絵本をとおして大切さを訴えておられます。

おかあさんに抱かれたこぐまの絵は
もう、涙がでるくらいあたたかい。

こぐまは人間の無情な扱いに、ひとりぼっちとなりますが、
これは、自立をしていく子どもの姿ではないかと思います。

なぜ、ひぐまの乳首は6つあるのか?
その答えは、やはりひぐまの習性によって
締めくくられます。

6つは無駄ではないのです〜!

わたしたち人間の世界も、この愛情のかけらがあれば、
すこし平和が保てるでしょう。
愛情持ってまわりの子どもに接したいと心から思います。
これを読んで、また勇気や希望が湧いてきました。

幼児より話のわかる年齢によさそうです。
小学生に読んであげたいです。
(きよりん@絵本とパン焼きの好きな寮母さん 50代・その他の方 女の子22歳、男の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


本田 哲也さんのその他の作品

おかあさんになったノラ / エトピリカの海 / どさんこうまのはる / どさんこうまのふゆ



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

こぐまの森

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット