おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
クラーケンの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クラーケンの島

  • 児童書
作: エヴァ・イボットソン
訳: 三辺 律子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784037446901

20cm×14cm
318ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

伝説の生きものたちの島で繰り広げるファンタジー

誘拐された子どもたちが連れてこられたのは、伝説の生きものたちのすむ島だった。
ウィットあふれるストーリーテリングが魅力のファンタジー

クラーケンの島

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エヴァ・イボットソンさんのその他の作品

夢の彼方への旅 / おいでフレック、ぼくのところに / リックとさまよえる幽霊たち / 黒魔女コンテスト / 幽霊派遣会社 / ガンプ−魔法の島への扉

三辺 律子さんのその他の作品

サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた / ほんとうに怖くなれる幽霊の学校 / 世界を7で数えたら / おじゃまなクマのおいだしかた / 岩波少年文庫 615 少年キム(上) / 岩波少年文庫 616 少年キム(下)



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

クラーケンの島

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット