ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
シロクマのラジオたいそう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シロクマのラジオたいそう

  • 絵本
作: あべ こうじ
絵: まえだぼっち
出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年10月20日
ISBN: 9784879813930

変形(203×237mm)
28ページ
カラー
ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

長年「言葉の教室」で指導にあたってきた著者が、
とくに発音しにくい「ら」行の練習のために作った詩を絵本にしました。
詩を作るときはみんなで絵をかきながら考えたそうです。
声にだして読む楽しみの次には、絵をかいて楽しめます。

子どもの一人読みにも、よみきかせにも最適です。

シロクマのラジオたいそう

ベストレビュー

楽しみ方もうひとつプラス!

ダジャレでもないし、回文とかでもないし…、分類しずらい ことばあそびだなぁ…という印象で、最初は少し戸惑いました。
巻末の解説を読んで、納得!これは、正しい発音を身につけるためのことば遊びだそう。特にこの本は、ラリルレロの練習用だとか。確かに、ラリルレロが怪しいこどもって結構います!
うーん、深いなぁ。

うちのこ7歳。発音もできてるし、どう読むのが楽しいかな…と、もう一度読み返したところ、冒頭に“ロックのリズム”と書かれてたので、頭の中をロックというかラップ調にシフトしたところ、なんだか一気に楽しさがUP!

小さな頃は、正しい発音。絵を描くのもいいな♪
大きくなったらロックで、リズム感まで養える☆!?
長く楽しめる一冊です!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ こうじさんのその他の作品

よういどん / あいうえおばけ

まえだぼっちさんのその他の作品

しあわせのクローバー



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

シロクマのラジオたいそう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット