バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
きのまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きのまつり

作: 新美 南吉
出版社: チャイルド本社

ベストレビュー

懐かしい「べにしじみ」

新美南吉さんの童話を絵本にしたものです。
淡いパステル調の優しい絵柄がお話によくあっていました。
蛍を誘ったこのしじみ蝶、子どもの頃よく見たことあります。「べにしじみ」とかいうんじゃありませんでしたっけ?
子どもの頃とても好きな蝶でした。
とても優しい気持ちになれるお話です。
4,5歳くらいから小学校中学年くらいのお子さんにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


新美 南吉さんのその他の作品

ごんぎつね / きつね / 巨男の話 / のら犬 / げたにばける / 国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

きのまつり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット