大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
しりたいねん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しりたいねん

作: 灰谷 健次郎
出版社: 倫書房

本体価格: ¥1,200 +税

「しりたいねん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

子どもたちの詩集に石川文洋さんの写真

高学年の子どもたちに何かいい作品を紹介したいな〜と、図書館内を探っていて、この本に出会いました。
編集は灰谷賢治さんですが、「詩」そのものは3歳から11歳までの子どもたちの作品です。

各それぞれの「詩」に報道カメラマンの石川文洋さんの写真が使われていました。
石川さんって誰だろうと、無知な私は調べさせてもらいました。
ベトナム戦争などを特に取材されてきた有名な報道カメラマンだそうです。
道理で、ここに書かれている子どもたちの詩はどう見ても日本人の作品なのに、写真は東南アジアのどこかの国の子どもたちの姿ばかりで、「詩」そのものとは全然関係ないものばかりで、実は少々違和感を感じていました。

なぜ灰谷さんや出版社の方がこういう作りにしたのか、
後書きも開設もないので全く分かりませんが、
何度か読み返していると、このミスマッチでアンバランスなところに妙な魅力を感じました。

詩の方ですが、私は表題作の「しりたいねん」より、
「はぬけ」の方が断然好みです。
たくさんの子どもたちの多彩な感覚の詩が載っています。
機会があったら、ぜひ手にしてみてください。子どもたちの素直な感情がにじみ出ていて、とても素敵です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


灰谷 健次郎さんのその他の作品

角川つばさ文庫 兎の眼 / 我利馬の船出 / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / 先生はシマンチュ一年生 / 101人のかみさま



風変りで美しい表現方法がたくさん!

しりたいねん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット