みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おおきなかぼちゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきなかぼちゃ

  • 絵本
作: エリカ・シルバーマン
絵: S.D. シンドラー
訳: おびかゆうこ
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おおきなかぼちゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年08月31日
ISBN: 9784072777824

26×21cm 判 32 ページ

出版社からの紹介

魔女のかぼちゃは、とてつもなく大きく育ちました。今夜はハロウィン。パンプキンパイをこっそり食べたい魔女ですが、かぼちゃはびくとも動きません。ゴーストにも、吸血鬼にも、ミイラ男にも、かぼちゃを動かすことができません。最後に現れた一匹のちいさなこうもり。こんな小さなヤツが役にたつものかと笑われても、賢いこうもりにはよい考えがありました。…日本でも有名なロシア民話『おおきなかぶ』を彷彿とさせる、エリカ・シルバーマンのリズミカルなテキスト。おどろおどろしく怖いものたちを、あたたかくユーモラスに描いたシンドラーの魅力的なイラスト世界。幸せな読後感で、ハロウィンの季節に繰り返し読みたい絵本です。

おおきなかぼちゃ

ベストレビュー

愛嬌のある魔女やおばけたち!

典型的なハロウィンの絵本です!
これこれ!これぞハロウィンです!

決して可愛らしいとは言えない絵柄ですが、
そこがリアルでとても良い。

話の内容自体はコミカルなので、
「典型的なハロウィンの方が好きだけれど
ストーリが怖いのはちょっと・・・」
というかたにオススメです。

不気味なのに、どこか愛嬌のある魔女やおばけたち。
なんだか、本当にいそうなメンバーです。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

エリカ・シルバーマンさんのその他の作品

ハロウィーンのおばけ屋敷

S.D. シンドラーさんのその他の作品

ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ / マグナス・マクシマス、なんでもはかります / 世界をかえた魚 タラの物語 / しゃっくりがいこつ / 魔女ひとり / ニコラス・グリーブのゆうれい

おびか ゆうこさんのその他の作品

きのうえのおうちへようこそ! / かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ / エルマーとブルーベリーパイ / ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / もみの木のねがい / だれか ぼくを ぎゅっとして!



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

おおきなかぼちゃ

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット