ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
赤いろうそくと人魚
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤いろうそくと人魚

作: 小川 未明
絵: 堀内 誠一
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「赤いろうそくと人魚」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

堀内誠一さんが描く小川未明の世界

『赤いろうそくと人魚』といえば小川未明。子どもの頃によく読んだ短編です。

堀内誠一で検索していたら、堀内さんの描く『赤いろうそくと人魚』という小川未明短編集を発見して見たくなりました。

どことなく人魚の絵が、竹久夢二を彷彿とさせるものがあります。中の挿絵も大正ロマン風。

何となく堀内さんの挿絵というと洋物が多い感じだったのですが、もこのような和物の世界もあること、そしてまた作風が作品によって違うことを再確認して、やっぱり堀内さんってすごいと思ったのでした。

堀内さんというと洋物という思いがするのは、すっきりと晴れた空のような明るい作風のものが堀内さんの本には多いからだと思います。

小川未明が作品を描いた時代の陰りのようなもの、時代性がこの本を読んでいると蘇ってくるような気がしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


小川 未明さんのその他の作品

月夜とめがね / とっておきの笑いあります! もう一丁!! / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚 / 赤いろうそくと人魚 / ものぐさじじいの来世 / 太陽とかわず

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

赤いろうそくと人魚

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット