ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
昭和二十年八さいの日記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

昭和二十年八さいの日記

作: 佐木 隆三
絵: 黒田 征太郎
出版社: 石風社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

8歳の軍国少年

佐木隆三さんの8歳の時の日記がもとになっている
被爆体験の絵本です。
これが8歳の子の日記だとしたら、本当にすごい。

軍国少年として生きてきた日々と
原爆投下後の
広島の様子を目の当たりにし
突きつけられる現実との間に揺れるさまが
淡々と記されています。

途中の日付の振り仮名が
9日→9にちとなっているのが少し気になりました。
こういうときは「ここのか」じゃないの?
こういう箇所が結構ありました。
何か意図があったのかなぁ・・。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 火の話 / 峠の狸レストラン / さよなら動物園



おもしろイラスト盛りだくさん!こどものためのしんぶん絵本

昭和二十年八さいの日記

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット