なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
ニコラのすてきな夏休み
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ニコラのすてきな夏休み

作: 山口智子
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

夢のような時間

ここではないどこかへ行きたい、ここではないどこかで住みたいという願望が心に浮かぶことがあります。

8歳のニコラは南の国から父の故郷である北の国で10日間だけの夏休みを過ごすとこになります。

ニコラはそこで父と仲の良かったカワウソのおじいさんと出会うのです。

父と仲の良かった「カワウソの」とあるので、本物のカワウソではなく、カワウソと縁のあるおじいさんなのかと思ったのですが、小さい時に一人ぼっちになった本物のカワウソでした。

カワウソのおじいさんの言葉でとても印象的な言葉があります。「自分にむいとると思うところへ行くのがよいのじゃよ。しらないところでくらしてみるのもわるくない。そのうちにまた、もとのところに帰ってきたくなったらねそれもよしじゃよ」

この本を書かれた山口智子さんは1960年から79年まで、絵を担当した堀内誠一さんは1973年から81年までフランスに滞在。本が出版されたのは、1984年です。

そんなことを考えると、カワウソじいさんの言葉は、フランスで滞在経験のあるお二人の気持ちと私は勝手に重ねてしまいました。

人生の中には、夢のような幻のように存在する何日かもしくは何カ月、何年という時間が存在するような気がします。

このニコラが経験した10日間も、そんな夢のような幻のような時間だったのかもしれないと、読んだ後ふっと思いました。

見返しにはこの本に出てくる地図が描かれています。その地図を見るとこの話は本当だったのかもと思えてきます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す

山口智子さんのその他の作品

新装版 はんぶんのおんどり / おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない / おだんご だんご



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

ニコラのすてきな夏休み

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット