十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
せかいいち大きな女の子のものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せかいいち大きな女の子のものがたり

  • 絵本
作: アン・アイザックス
絵: ポール O.ゼリンスキー
訳: 落合恵子
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「せかいいち大きな女の子のものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784572003577

小学校低学年から
312×235mm・40p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大きくて強くて勇ましくて知恵のある女の子が、村の人たちを困らせていた大グマを退治します。 ユーモアたっぷりの愉快なお話が、ダイナミックに描かれています。
読むと元気と勇気がわいてくる絵本です。

ベストレビュー

アンジェリカ最高!

これは、ゆうかんで 力もちで ちえのある 大きな女の子の おはなしです。
 というように、1815年にアメリカで産まれたアンジェリカは、2歳で丸太小屋を作り、12歳で幌馬車を泥沼から救い出す。ある夏のこと、「じごくのならずもの」と言う大きな熊がやってきて、テネシー中の貯蔵庫の食べ物を食べてしまった。「じごくのならずもの」を倒した者には、この熊のでっかい毛皮を与えられることになった。かくしてアンジェリカは、この熊と戦うことになる。

 勿論、壮絶な戦いの果てに、熊はあの世に行き、皆で熊汁を食べ、貯蔵庫は一杯になり、アンジェリカは、大きな熊の毛皮を手に入れる。本物の木を削った薄い板に描かれた絵が、ちょっと昔のアメリカを彷彿とさせるいい味を出している。アンジェリカも時にコミカルだったり、意地悪な表情になったりと丁寧に描かれている。

 読み聞かせには少々長い物語だが、これ以上あり得ない程の大きなスケールは、小さな子も大きな子も夢中になる。読み方によっては、ジェンダー(社会的、文化的に形成される男女の差異。)を語るときにも、有効な作品であり、高学年や大人向けの読み聞かせにも使えそうな、貴重な一冊である。
(ラムさん 40代・ママ 女の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


落合 恵子さんのその他の作品

とびっきりのともだち / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ダンスができないぞうさんですよ  / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 くしゃみがとまらないのですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 びっくりごっこですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 スーパーぶたさんですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ともだちがかなしんでいますよ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

せかいいち大きな女の子のものがたり

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット