ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
津波!!稲むらの火その後
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

津波!!稲むらの火その後

作・絵: 高村忠範
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「津波!!稲むらの火その後」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「ヤマサ」って、すごい会社だったんですね。

私は読み聞かせのボランティアの関係で、3月11日の震災以降この『稲むらの火』の話はよく聞くことが多かったです。
でも、私の聞いたのは、昔の国語の教科書に載っていたという『五兵衛』の話で、絵本があったのはつい最近、たまたま図書館で見つけるまで知りませんでした。

高村さんの絵ははっきりとして遠目が聞いて見やすいです。
『稲むらの火』のバージョンも絵本で出ているそうですが、私が見つけたのは『その後』の方だけだったので、まだ『稲むらの火』は読んでいません。
その後の村がどうなったのか、モデルとなった実在の人物浜口梧陵がどんな人で、どんな人生を送ったのか、絵本の後ろについてきた解説も分かりやすくて勉強になりました。(この解説は子どもたちが読んでもわかりやすい文になっています)
浜口梧陵は醤油の「ヤマサ」の7代目だったんですね〜。
解説を読んで、「ヤマサ」を見る目が変わりました。すごいぞ「ヤマサ」!これからは醤油は「ヤマサにしよう」と思ってしまいました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


高村忠範さんのその他の作品

類語事典 / 反対語・対照語事典 / 日本の方言大研究(1) あいさつの方言大研究



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

津波!!稲むらの火その後

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット