だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
 車いすのカーくん、海にもぐる 障害者ダイビングの世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

車いすのカーくん、海にもぐる 障害者ダイビングの世界

作: 丘 修三
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784333022175

22×16cm 128ページ

出版社からの紹介

小学4年生のカーくんが、障害者にダイビングを教えるインストラクター、椎名勝巳さんに出会った。浮力を利用する海の中では、障害が障害でなくなるという。「バリアフリー」の海が、カーくんに教えてくれたことは……。

ベストレビュー

丘修三の体当たりノンフィクション

障害を持った人たちが集まるダイビングスクールがあることをこの本で知りました。
私自身が海に潜ることなど考えたことすら考えたことはないのですが、地上では車イスでの生活をする人や、体を動かすことも不自由な人が、水中では身軽に動くことができるのだそうです。
本当のバリアフリー。
そして、海中の生物を見ていると、開放感と充実感を味わうことができるのです。

障碍者に対して温かい目を向けた物語を数多く書いている丘修三さん。
自身も内臓障害を持っている丘さんが、自らもダイビング体験をして取り組んだノンフィクション。
決して若くない丘さんのその意欲に、完全に脱帽です。

生まれながらに障害をもつカーくんが、スキューバーダイビングに挑戦します。
どちらかというと身体が弱くて消極的だったカーくんが、自ら決めた挑戦です。
丘さんは、フィクションではなく、事実としてのカーくんの取り組みを書き記します。

素晴らしい意外性です。
そして、この本に描かれている誰もが主人公だと思います。
インストラクターの椎名さんにしても、スキーの事故で歩行が不自由な人でした。
健常者を圧倒する、パワーあふれるノンフィクションでした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丘 修三さんのその他の作品

太一さんの戦争 / けんかともだち / 黒ねこガジロウの優雅な日々 / 希望の筆 ダウン症の書家・金澤翔子物語 / ラブレター物語 / 偕成社文庫 少年の日々



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

車いすのカーくん、海にもぐる 障害者ダイビングの世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット