しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
うまの おいのり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うまの おいのり

  • 絵本
作・絵: まつむら まさこ
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「わたしの たべものと のみものを ください」…聞こえてくるのは飼い主への馬からのお願い。大切な人とずっと一緒にいたいという想いと感謝の気持ち-馬のお祈りは、私たちの祈りです。

うまの おいのり

ベストレビュー

愛馬訓から学ぶこと

毎年学生達と訪問している、小淵沢えほん村のオーナーまつむらまさこさんの作品です。作者に会い、原画にも触れた上で、合宿の夜の勉強会で、ご本人から読んでいただきました。ドイツの厩舎に掲げられていた『愛馬訓』を訳されて出来た絵本です。保育者となった卒業生は、一人一人の子どもの顔を思い浮かべながら見入ったそうです。30数名の学生、卒業生が涙を浮かべていました。穏やかな優しい絵と言葉で織られたハーモニーのすばらしさを改めて実感しました。「あなたのともだちでいたい…」これは馬だけではなく、飼われている犬も猫も小鳥も金魚も同じように思っているのだな、と思います。

昨年、月刊絵本の11月号として出版されましたが、早々にハードカバーになりました。図書館や保育現場だけではなく、大切な命を育み合う家庭にもぜひ置いてほしい絵本です。
(こぶた文庫さん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まつむら まさこさんのその他の作品

あそぼっ / つきのうさぎ −むかし むかし もりのなかで− / にわとりちゃんとこぎつねくん / 子どもとよむ日本の昔ばなし4 おむすびまてまて



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

うまの おいのり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット