とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーんの試し読みができます!
文・絵: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
いろんな野菜がとらんぽりんあそび…どんなふうにとぶかな!?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なまけもののエメーリャ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なまけもののエメーリャ

作: 山中 まさひこ
絵: ささめや ゆき
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なまけもののエメーリャ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784097264460

B5判/40頁

出版社からの紹介

なまけもののエメ−リャのゆかいな物語
エメ−リャは、村いちばんのなまけもの。
あたたかなペチカの上で、
毎日うとうとひるねばかり……。

ある日、エメ−リャが川に水くみに行くと、
一ぴきの大きなカマスが顔を出しました。
エメ−リャは、さっとカマスをつかまえ、
家に持って帰ろうとしました。

するとカマスは、こういったのです。
「わたしを川にもどしてくれたら、
あなたを大金持ちにしてあげますよ」
そこでエメ−リャは……。
ロシアのたのしい昔話です。

ベストレビュー

ロシアのペチカはド・でかいぞ!

この話は内田理沙子さんが邦訳された「ロシアの昔話」に載っている『かますのいいつけ』と、同じものです。
作者紹介を読むと、中山さん自身が昔話の再話を手掛けていらっしゃるようなので、この話は中山さんが訳されて再話されたようです。

話自体はとても面白い不思議な話で、ロシアでいうところの“ペチカ”というのは日本人が想像する暖炉とはけた違いに大きいのだなと、改めて思いました。
絵はささめやゆきさんで、個性的な面白いエメーリャの味を楽しめます。
ちゃんと読むと20分くらいはかかる物語なので、楽しい話ですが、読み聞かせとかに読むには時間がかかり過ぎで、持ち手もつかれてしまうと思います。
こういうお話はぜひ、ブックトークで、子どもたちに紹介してもらいたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ささめや ゆきさんのその他の作品

かわいいおとうさん / 子どもつなひき騒動 / かえるぴょん / おとうさんは、いま / 三方一両損 / さっ太の黒い子馬



mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

なまけもののエメーリャ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット