貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
シンデレラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シンデレラ

作: 新倉 朗子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,408 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シンデレラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

ベストレビュー

ちょっと変わったパターンのシンデレラ

3歳の子供と読みました。

フランスのある地方の民話をもとに作られた絵本らしく、一般的に知られるシャルル・ペローの「シンデレラ」とはちょっと違います。

日本の民話「おむすびころりん」をちょっぴり思い起させる様な部分があったり、意地悪なお姉さんとの対比があったりと、大人の私にはかなり読みごたえがありました。
もしかしたら普通のロマンチックなだけのシンデレラよりも面白いかも!?

子供も珍しいパターンのシンデレラに喜んでいましたが、シンデレラをあまり知らない小さな子に先にこの本を読み聞かせると混乱するかもしれません。
(夜の樹さん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ




『あーん』イベント&おうちレポート

シンデレラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット