だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
どうぶつがすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうぶつがすき

  • 絵本
作: パトリック・マクドネル
訳: なかがわ ちひろ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「どうぶつがすき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784751525463

小学校低学年
サイズ:21.5×23.8cm ページ数:40頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みんながびっくりするようなことを夢みて、それを実現させてしまった女の子ジェーンのお話。動物行動学者ジェーン・グドールの子ども時代を描いた伝記絵本。

どうぶつがすき

ベストレビュー

シンプルな伝記物

1月23年のコールデコット賞の発表がありました。
何と、そのうち2作品は邦訳されており、日本の絵本界の感度の良さに感動です。
その邦訳の1つが「どうぶつがすき」で、オナー賞受賞作品です。
原題は、「Me ... Jane 」

パトリック・マクドネルは、「ハグ・タイム」「おくりものはナンニモナイ」あたりで知られる作家。
今回の作品は、何と伝記。

主人公は、ジェーン・グドール。
幼い頃より動物好き。
23歳の時アフリカへ渡り、人類学者ルイス・リーキーに師事し、ルイスの薦めで26歳の時タンザニアのゴンベの森でチンパンジーの研究を始めます。
世界で初めて、草の茎を使ってアリを捕る行動の報告などで、人類固有とされてきた道具使用などの行為や能力がチンパンジーにも存在すること、チンパンジーの性格にも大きな個人差があることを確認するなど、チンパンジー研究の世界的な権威となった女性の伝記です。

やはり驚きは、その時代。
1957年のアフリカに渡るのですが、時代背景を考えるとその強い意志が窺い知れます。
ジェーンは、10歳の時にアフリカに渡って動物と暮らし、本を書こうと決めていたというのですから、驚きに値するものでしょう。

物語は、ジェーンがおとうさんにチンパンジーのぬいぐるみを貰うシーンで始まります。
それからは、ジェーンが如何に自然と接していたかが克明に描かれているのですが、興味深いのは、その好奇心。
自然をいとおしむだけでなく、もっと理解しようと思って、沢山の本を読む姿に共感しきりです。
そして、夢を見ることの大切さを綴られているのですが、最後のページに誰しもが心打たれることと思います。

パトリック・マクドネルのいつものテイストの絵に加え、背景に単色で精緻な絵を挿入しているのが、伝記っぽくて良い効果を醸し出しています。
また、最終ページがジェーンとチンパンジーの写真というのも、洒落ています。
至極シンプルなストーリーではありますが、その分、子供の心に響く作品だと思います。
コールデコット賞オナー賞は、だてではありません


(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パトリック・マクドネルさんのその他の作品

ハグタイム / おくりものはナンニモナイ / The Gift of Nothing(「おくりものはナンニモナイ」)

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

どうぶつがすき

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット