もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
動物大せっきん ライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

動物大せっきん ライオン

  • 絵本
著: デレック・ジュベール ビバリー・ジュベール
監修: 小宮 輝之
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「動物大せっきん ライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784593584512

小学校中学年〜
25.4×25.4cm 32ページ

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ナショナルジオグラフィックの現地調査員として長年アフリカに暮らす著者が、ライオンたちの生活を魅力的に伝えます。

ベストレビュー

とても勉強になりました。

6歳の息子と読みました。

普段特に動物に興味のない親子ですが、
この一冊はとても面白かったです!

さすがアフリカで25年活動してきた活動家の写真だけあって、
躍動感溢れる野生のライオンを見ることができます。

そして、普段知られざるライオンの生態。
牙を見せ合って求愛すること、
戦いに敗れた雄ライオンはたてがみが抜けること、
群れの中のリーダーの雄を人間が殺してしまうと、
その結果としてどういったことになるか。

「ライオン」って普段動物園で見るものだと思ってた
私たち親子にとって
野生の、ホンモノのライオンについて
今まであまりに知らなさすぎたなぁと思いました。

また、今、世界中に生息するライオンの数にもびっくり。
ライオンに対する認識がかなり甘かったことに気付きました。

作者のご夫婦は、ライオンを守るために、
「自然を大切に」というメッセージを発しています。

この本を一冊でも多くの人が読んで、
作者のメッセージが一人でも多くの人に伝わるといいですね。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デレック・ジュベールさんのその他の作品

動物大せっきん ヒョウ / 動物大せっきん ゾウ

小宮 輝之さんのその他の作品

ドキドキ!危険生物大研究 / 自然のふしぎ大図解 / クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの3水辺 / クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの 2森 / クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの 1まち / どうぶつえんのあいうえお



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

動物大せっきん ライオン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット