ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ちいさなこぐまのちいさなボート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなこぐまのちいさなボート

作: イヴ・バンディング
絵: ナンシー・カーペンター
訳: ちばしげき
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさなこぐまのちいさなボート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784072403594

おとなと読むなら:2才から
ひとりで読むなら:小学生から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ちいさなこぐまはちいさなボートが大好きだった。
朝から晩まで、いつもいっしょに遊んでいた。
でも、こぐまはどんどん大きくなった。ボートはちいさなままだった。
とうとう、こぐまがボートにのれなくなる日がやってくる……。
おおきくなるって、いいことばかりじゃないのかな。
おおきくなるって、どういうことなんだろう?
子どもの視点から、「成長すること」についてすなおに描いた、ちょっぴりせつなくて心あたたまる珠玉の絵本。

ベストレビュー

成長を見守るやさしいまなざし

 小さなこぐまは、小さなボートが大好きです。湖をすいすいこぎまわったり、魚を獲ったり、寝転がって夢を見たり。ボートは、こぐまの大切な友だちでした。ところが、小さなこぐまはどんどん大きくなり、小さなボートからはみ出てしまうほどに。何度も乗ろうと試みるこぐまに、母さんぐまが言いました。「ボートには、もう のれないわね。こぐまは、いつかは おおきくなるの。そしてね、ちいさなボートは、いつまでも、ちいさいままなの」。
 帯にある「成長していく子ども、そっと見まもる親、手わたされていく思い」が、そのまま描かれた絵本です。戸惑うこぐまが取った行動、それを見守った母さんぐまのまなざしが優しくて、じーんとあたたかな気持ちになりました。わかりきっていることなのに、こんなに深く子どもの存在が感じられるとは思いもしなかったのです。
 子どもの成長は、早足で過ぎていく日々の中では、はっきりと目にしにくいものです。でも、服が短くなっていたり、靴が小さくなっていたりと、ある時ふと立ち止まった一点で感慨深く実感できるものでもあるでしょう。そんな発見の喜びを抱きながら、幼児期だけでなく思春期を迎えるときも、この母さんぐまのようにゆったりと大きく子どもたちを見守りたいと思いました。「絵本の力」が、しみじみと伝わる一冊です。
(ムースさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!

ナンシー・カーペンターさんのその他の作品

よかったね、カモのおちびちゃん / リンゴのたび

ちばしげきさんのその他の作品

ひとりぼっちのタツノオトシゴ



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

ちいさなこぐまのちいさなボート

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット