あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
13歳のシーズン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

13歳のシーズン

作: あさの あつこ
出版社: 光文社

本体価格: ¥952 +税

「13歳のシーズン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

優しい思春期もの

13歳の親と本人でそれぞれ読みました。
最近のヤングアダルトはすぐイジメだとか死だとか、とにかく鋭い痛みがなければ不成立かという本が多いなか、ゆっくりふっくら楽しめた。
それでもみんなそれぞれに事情があって、けど段々自分で考えて自分で対処する力ができていく頃で、意地悪されても上回る力があればいいだけで。
すごくよかったなー。

13歳、しんどいこともあるけど幸せもある。絶対誰にでも。
それぞれの(結構な)家庭不和もサラッと書いてあって、主人公のお母さんがどうなっていくか大人にはわかるけど、子供は中途半端に感じてしまうかもね。
少し描かれていたけど、大人にもいろいろあって、13歳というシーズンだけが悩むのではない。みんな悩んで乗り越えているのだということが清々しかった。 強さは誰もが持っている。
続きはないのかな。

挿絵はマンガちっくだけど、誰にでも親しみやすい良い意味で特徴のない絵でした。
娘は茉里に感情移入したようです。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

13歳のシーズン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット