おばけのてんぷら おばけのてんぷら おばけのてんぷらの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おとうふやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうふやさん

作・絵: 飯野まき
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おとうふやさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月

5才〜6才向き
ページ数: 28 サイズ: 25X23cm かがくのとも 2011年11月号

出版社からの紹介

商店街の豆腐屋さんで、大豆がいっぱい入った桶を見つけたみっちゃん。翌日、朝早くから、豆腐屋さんで豆腐作りを見学させてもらうことになりました。水でもどした大豆をすりつぶし、煮て、漉して出来た豆乳に、にがりを混ぜて、型に入れ、水気を抜く、という工程を経て、ようやく豆腐が出来上がります。大豆がどうやって豆腐へと変身するのか、丁寧に描いた作品です。

ベストレビュー

お豆腐屋さんの仕込みの様子が見れます

私が子どもの頃は町の商店街に『お豆腐屋さん』はあって当然で、この絵本のみっちゃんのように(お店の外からでしたが)豆腐を作る様子を、見たこともあります。
今の子どもたちは、なかなかこういったようすを見ることは少ないですよね。
この絵本でも登場する、豆腐をつけてさらしておく大きな入れ物の水、とても冷たいんですよ〜。だから、お豆腐屋さんの手はいつも赤くてガサガサしていたなぁと、この絵本を読んでいて思い出しました。

この作品はそんなお豆腐屋さんの朝の仕込みの作業を丁寧に描いてくれているので、見応えがあります。
1つ1つの説明も端的でわかりやすいので、小学校の2,3年生くらいなら十分理解できると思います。
読み聞かせに使っても悪くはない作品ですが、個人的には一人読みでじっくり読んでもらいたい気もします。
テーマを決めてブックトークで紹介したい作品です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

出版社おすすめ


飯野まきさんのその他の作品

おとうふやさん / おっぱい いっぱい のんだ こは / パパ、かばになる / もも / おかあちゃん あそぼ! / うれしい うれしい



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

おとうふやさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット