ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ロバのポコとうさぎのポーリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロバのポコとうさぎのポーリー

  • 絵本
作・絵: とりごえ まり
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784494025602

3歳〜
B5横判・26.6×19.1cm・32頁

みどころ

赤いスカーフを首に巻いたロバのポコが、野原でクローバーを食べようとしたとき
「よつばのクローバー たべないで!」と声がします。
青いかばんをななめにかけた小さなうさぎのポーリーでした。
「これ、そんなにおいしいの?」
よつばのクローバーのにおいをふがふがかぐポコ。
ポーリーは、「もっていると たのしいことや うれしいことに いっぱいであえるんだよ」とおしえてあげます。
「ぼくもほしいなあ」と言うポコのために、よつばのクローバーを探しはじめますが・・・。

とりごえまりさんが描く、野原とクローバーの緑がとってもきれい!
最初に見つけたよつばを、ポーリーはずっと大事にもっていますが、最後のページでは、手からなくなっています。
仲良くなったポコとポーリー。
大切なよつばのクローバー、ポーリーはどうしたんでしょう。
答えはとりごえさんの絵のなかですよ。
絵探ししてみてくださいね。

ほのぼのした友情の芽生えに、読んでいるこちらも癒されちゃいます。
おともだちに出会って、おしゃべりして、一緒に遊んで・・・。
またあしたあそぼう、と約束をして別れる、日常の愛しさ。
2匹が遊んだ緑の野原から、そよそよと、やさしい風が吹いてきそうな絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ロバのポコとうさぎのポーリーは、四つ葉のクローバーを探しに出かけます。
池に行っても、畑にいっても、あるのは三つ葉ばかり。最後に二匹がみつけたのは…。
なにげない毎日の中にある幸せが伝わります。

ベストレビュー

優しいポーリー

6歳と8歳の娘たちに読みました。

ロバのポコとうさぎのポーリーが四葉のクローバーを探すお話なんです。なかなか見つからない四葉。最初にポーリーが1つ見つけて持っていたのに、あれ?なくなってポコの頭に!ポーリーの優しさに感動です。とっても心の温まるお話です。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とりごえ まりさんのその他の作品

コトリちゃん / ぼくのへやのりすくん / 新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ / とんとんとん / おうちピクニック / おたんじょうかい1・2・3



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ロバのポコとうさぎのポーリー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット