ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くまさんのまほうのえんぴつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまさんのまほうのえんぴつ

  • 絵本
作: アンソニー・ブラウンとこどもたち
訳: さくま ゆみこ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784776404835

4.5才くらいから〜小学校低学年 
28×22cm  25頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

むかしあるところに、かいたものが本物になる魔法の鉛筆をもったくまさんがいました。
こまったことにぶつかると、この鉛筆をつかって絵をかき、きりぬけていたのです。
人気作家アンソニー・ブラウンと子どもたちがつくった斬新なコラボ絵本。
主人公のくまさんのように、誰だって未来を描く鉛筆をもっている―みんなで助け合いながら
明るい未来をつくろうという、前向きなメッセージが伝わってくる作品です。

*この絵本の収益の一部は、東日本大震災の被災地を支援する
「子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト」に寄付されます。

くまさんのまほうのえんぴつ

ベストレビュー

コラボ作品

描いたものが何でも現実になる魔法のえんぴつを持っているくまさんのお話です。くまさんは困ったことがあると、ささっと魔法のえんぴつを使って切り抜けます。
この本が普通と違うのは、一般の子どもたちの絵がたくさん使われているということ(新聞で募集したらしいです)、本の収益の一部が寄付されるということです。この作家と一般の子どもたちのコラボは試みとしてとてもいいと思いました。ただ、やはり応募作品の絵と作家の絵が組み合わさるのは、ちょっと違和感があるなとも思いました。お話自体は楽しいです。
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

さくま ゆみこさんのその他の作品

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-2 宇宙の生命 / くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-1 宇宙の法則 解けない暗号



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

くまさんのまほうのえんぴつ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット