庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ミス・カナのゴーストログ (3) かまいたちの秋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミス・カナのゴーストログ (3) かまいたちの秋

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 深川直美
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784037447601

19cm×13cm 187ページ

この作品が含まれるシリーズ

姿の見えない声の主の正体とは

「出ていけ……」秋深まる公園で夏菜は姿の見えない声を聞く。いったい誰なのか? 周辺で起こった一連の事件と関係はあるのか?

ミス・カナのゴーストログ (3) かまいたちの秋

ベストレビュー

「夏菜って、カッコいい!」

うちの下の子が気に入っている斉藤洋さんのジュニア小説のシリーズです。
今どきの中学生夏菜は、ものすごく幽霊を見やすい体質。
その夏菜と、好奇心旺盛で夏菜が好き(らしい)クラスメイトの俊介は、夏菜の見えてしまった幽霊の事件を検証するのが趣味なのかもしれない……。と、この3巻目を読んで思いました。
最初は俊介は夏菜が好きで、役に立ちたいのだと思っていたけど、どうもそれが一番ではないような感じがしてきました。

事件的にはこれまでの1巻2巻に比べるとインパクトが薄かったです。
第4巻はもうすぐ出るらしいです。
最初は「かまいたちが犯人じゃないか?」だとか言っているんですが、結局、新犯人は人間のいたずらで死んだらしいカラスで、そこに至るまでの話のテンポがあまりよくなかったので、次の事件はもう少し全体的にワクワクするお話だといいな〜と、思います。

私と上の子は俊介のファンですが、下の子は断然主人公の夏菜!
「夏菜って、カッコいい!こんな中学生になりたい」とか言ってます。霊感は全くありませんが…。(^^)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ギュレギュレ! / アリスのうさぎ / 講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ / ふしぎパティシエールみるか (1) にんぎょのバースデーケーキ / 講談社文庫 ルドルフともだちひとりだち

深川直美さんのその他の作品

ミス・カナのゴーストログ(4) つばめの鎮魂歌 / ミス・カナのゴーストログ (2) 呼び声は海の底から / ミス・カナのゴーストログ (1) すずかけ屋敷のふたご / せーの ジャンプ!



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ミス・カナのゴーストログ (3) かまいたちの秋

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット