しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
紙芝居 堀内誠一の ながぐつをはいたねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 堀内誠一の ながぐつをはいたねこ

作: ペロー(原作) / 堀内誠一(脚本)
絵: 堀内 誠一
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784494079834

4・5歳〜
判型/サイズ:B4判/26.5×38.2cm
頁数:17場面

出版社からの紹介

父親が死んでしまい、遺産に猫を一匹もらった三男坊。途方にくれていたら、突然猫が立ってしゃべり出しました!「気を落としちゃいけませんよ、坊や!」そして猫は、長靴をはいて上着を着て、ごちそうを持って王様のところへ毎日出かけていきます。そして言います。「私はカラバ侯爵の使い。ご挨拶代わりに、素晴らしい野ウサギを献上に参りました」。王様は大喜びして、カラバ侯爵のところへ出かけていきますが…。

勢いのある線で描かれた”ながぐつをはいた”猫をはじめとする、魅力的なキャラクターによって物語がテンポ良く展開していきます。オーソドックスな原作のストーリーを踏まえつつも、堀内氏らしいリズミカルなせりふ回しにご注目ください。子どもも、大人も惹きつけられずにはいられない紙芝居、「ながぐつをはいたねこ」の決定版です。


〈本作品について〉
「たろうのおでかけ」「ぐるんぱのようちえん」で知られる堀内誠一氏の遺作が、死後30年を経て出版の運びとなりました。堀内氏のフランス滞在期(推定1974年)に、フランスの子どもたちのために一色で描かれた作品でしたが、弟子だった竹石裕氏が彩色を手がけ、軽やかなタッチはそのままに色鮮やかに甦りました。

ベストレビュー

絵がいい!!

「ながぐつをはいたねこ」はとても有名なお話で,絵本もたくさん出ていますが,こちらは紙芝居。
絵本とはまた違った味わいがありますね。
そして,堀内誠一さんの「ながぐつをはいたねこ」よかったです!
堀内誠一さんの絵が好きな私にはとっても素敵なねこでした。
有名なお話なので,読み比べてみると,それぞれ雰囲気や味わいが違い本当に面白いものですね!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

紙芝居 堀内誠一の ながぐつをはいたねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット