ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
ぼくのだいじなあおいふね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのだいじなあおいふね

作: ピーター・ジョーンズ
絵: ディック・ブルーナ
訳: 中川 健蔵
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのだいじなあおいふね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年
ISBN: 9784033273303

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

耳の悪いベンは、ときどき、人のいうことが聞きとれず淋しい思いをします。難聴児の日常と心の内をわかりやすく描いた絵本。

ベストレビュー

難聴の男の子の話

ディック・ブルーナには肢体不自由の子を扱った「ちいさなロッテ」という絵本もあって、そのシンプルでかわいい絵を通じて、障害のある子にどう接するかということを易しく語りかけてくれます。
 この本は難聴のために補聴器をつけている、ベンという4歳の男の子の日常生活を描いたものです。 難聴の子に話しかけるときに注意することや、外から見えない障害ならではの問題が自然に理解できるようになっています。
 「あおいふね」というのは、このことばを言えたベンに、先生がくれたプレゼントです。機械を使って聞くのは集中力を必要とするので、時々ベンは疲れてしまいます。そんなとき、この「あおいふね」で遊ぶのです。
 最後にベンの誕生日を祝って「みんなと いっしょに がっこうへ いこうね」と言ってくれるお友達。障害のある子もない子も、いっしょに読みたい本です。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ディック・ブルーナさんのその他の作品

おうさま / ふなのりのやん / ブルーナの絵本 すぽーつのほん / ブルーナの絵本 ろってちゃん / どうぶつ / 子どもがはじめてであう絵本 0才から なまえ(全3冊)

中川 健蔵さんのその他の作品

てんまのとらやん / こうえんのいちにち / おかえりなさいスポッティ / なにをかこうかな / びっくりドラゴンおおそうどう / いっしょにすもうね



もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

ぼくのだいじなあおいふね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット