十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
怪物はささやく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

怪物はささやく

  • 児童書
作: シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著)
絵: ジム・ケイ
訳: 池田 真紀子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「怪物はささやく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784751522226

中学生
A5変型判 19.9×15.5 220頁

出版社からの紹介

47歳の若さで亡くなったカーネギー賞作家のアイデアを、本年カーネギー賞を受賞し、英国で今、最も注目されるYA作家パトリック・ネスが引き継いで書いた「いのち」の物語。

怪物はささやく

ベストレビュー

読み終えて、下の子は号泣しました。

2012年の中学生夏休み推薦図書の1冊なので、今はよく書店や図書館で見かけます。
ボランティア仲間の息子さんが、すっごく真剣に読んでいた。と聞いて、早速うちの子にも用意してみました。

中1と高2の二人とも読んでくれたのですが、下の子の方は読み終えてから号泣。
「コナーが可哀そうだ〜。この本に出てくる大人たち(特に先生だそうです)は、なんでわかってあげなかったんだ〜」と怒り……、
「怪物はなんだったんだろう」「なんで12時7分にしか来なかったんだろう?」と、聞いてきました。
その答えをうっかり言ってしまったら、また号泣。
年の近い“コナー”を見ていて、身近な「親の死」というものをすごく間近に感じて、怖くなってしまったようでした。
この本を読んだその夜は、久しぶりに寝付くまで子どもの手を握ってあげました。
高2の上の子は「怪物の正体が気になって、一気に読んじゃたよ〜」といってました。

さて、この物語には二人の作者がいるそうです。
「原案(キャラクター・舞台・導入)」まで創作していたのにもかかわらず、はかなくも急逝したシヴォーン・ダウトさんの遺作を基に、
パトリックス・ネスさんが1つの作品に仕上げられたそうです。

物語の中で、「怪物」は主人公コナーに何を伝えようとしているのか、なぜ、「怪物」がコナーの前に現われたのか、
最後の最後まで引っ張って行かれます。

うちの下の子みたいに、感受性が強かったり、こわがりのお子さんには少し辛いお話かもしれませんが、
私は主人公コナーと、同世代の子どもたちにぜひ読んでもらいたいな〜と、思いました。
「身近な人の死」に関わらず、
成長して、大人になるにつれて、世の中の矛盾や憤り……、
その他、生きていく上で関わってくる呪縛のような“想いや関係性”と正面切って向き合って、対決(またはその壁を乗り越えるような試練)しなくてはいけない時が、いつかは必ずきます。

この物語の中で、主人公コナーは「怪物」に出会うことで、(すぐには無理でも)前に進む原動力を見つけました。
だから、これを読んだ人たちももし何かあった時、そのことを乗り越えていくきっかけを見つけることができるような気がしました。

好き嫌いは出る作品かもしれませんが、とても心に残るメッセージ性の強い作品です。
それほど長いお話ではないので、興味のある方はぜひ一度読んでみてください。
大人の方にもお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジム・ケイさんのその他の作品

ハリー・ポッターと賢者の石 〈イラスト版〉

池田 真紀子さんのその他の作品

十三番目の子



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

怪物はささやく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット