あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
悪い本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

悪い本

  • 絵本
作: 宮部 みゆき
絵: 吉田 尚令
編: 東 雅夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784265079513

5才 〜 小学校高学年向け
A4変型判 28.0×21.0 32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

 文学界において疑うもののないエンターテイメントの名手、宮部みゆきがまさかの絵本!? しかもホラー・・・・・・。

 この よのなかの
 悪いことを
 この よのなかで
 いちばんよく しっています

 「悪い本」はそう自己紹介します。
 あいつなんて、いなくなってしまえばいいのに。
 あの子なんか、消えてしまえばいいのに。
 そんな悪い気持ちに応えるために、「悪い本」はそこにあるのです。

「模倣犯」や「理由」などで知られる小説家・宮部みゆきさんが描く怪談絵本は、怪談というよりテイストはダークファンタジー。
 この世の悪を知りつくすという「悪い本」の語る言葉にどこか幼さを残しているところが、「悪い本を」いっそう邪悪なものに感じさせます。
 そんな「悪い本」の不吉なひとり語りを、じっとりと冷たい不気味さで飾るのが吉田尚令。
 小説家・森絵都さんの「希望の牧場」や板橋雅弘さんの「パパのしごとはわるものです」などで挿し絵を担当する吉田尚令さんですが、本来はかわいらしいはずの人形を、その造形はそのままによくもこうまで不気味に描けたものだと背筋が寒くなります。
 怖いものが特別好きだ!というたくましいお子さんでないと、ひょっとして刺激の強い恐怖体験になるかもしれません・・・・・・。
 ああ、そうそう、「悪い本」となかよくなると、大切なことを教えてくれるそうです。
それは、
「この よのなかで いちばん 悪いこと」
だそうで・・・・・・

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

この世のどこかに存在する悪い本。あなたにいちばん悪いことをおしえてくれるでしょう。そんな本いらない? でもあなたは悪い本がほしくなります。きっとほしくなります。
宮部みゆきと吉田尚令が子どもたちに贈る、この世でいちばん悪い本。

ベストレビュー

宮部みゆき・・・!

インパクトのあるタイトルの直後に目に飛び込んできたのは、
著者「宮部みゆき」
目を引きましたね。
宮部みゆきが書く、「悪い本」ていったいどんなんだろう・・・。

読むのに時間はかかりません。すぐです。
子どもにはどんなふうに伝わるでしょう。
絵もかわいいとは思えません。
大人の方は、その空恐ろしさを感じることはできると思います。
人間の心の誰でも持ってる、隅っこにあるいやぁな部分。
そこを刺激して、くすぐって、手招きしてるその感じ、
読んだ直後の感想は、単純に「こわっ・・・」でした。

評価つけにくいです。
良い悪いというより、好ききらいだなぁって思います。
怖いお話、視覚的な怖さ苦手な人は遠慮したいだろうし、
好きな人はたまらなく好きな世界だろうと思います。

すぐ読める本ですが、深みはあると思います。
・・・寝る前の読み聞かせは・・・遠慮したい。
(きゃらめるるさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮部 みゆきさんのその他の作品

ヨーレのクマー / ソロモンの偽証 第3部 法廷 / ソロモンの偽証 第2部 決意 / ソロモンの偽証 第1部 事件 / 角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー(4) 運命の塔 / 角川つばさ文庫 ブレイブ・ストーリー(3) 再会

吉田 尚令さんのその他の作品

ぼくのそりにのって! / 宇宙人っているの? / ショクパンのワルツ / (紙芝居)はじめての おおかみとしちひきのこやぎ / ぼくのジィちゃん / 希望の牧場

東 雅夫さんのその他の作品

くうきにんげん / はこ / ことりぞ / あずきとぎ / とうふこぞう / かがみのなか



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

悪い本

みんなの声(31人)

絵本の評価(3.16

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット