庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
マジックアウト(1) アニアの方法
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マジックアウト(1) アニアの方法

  • 児童書
著: 佐藤 まどか
画: 丹地陽子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784577039120

小学校高学年から
22×16cm 280ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

誰もがひとつの「才」を持って生まれてくる、という美しい孤島の島エテルニア国。「才」の種類は「守」「医」「力」「地」「空」「水」「技」「芸」「真」「闇」「知」の11種類あり、生まれてきた時の目の色で何の「才」を持っているかが、判明される。その国で、なぜか「才」を持たずに生まれてきた主人公の少女アニア。アニアは、自分が「無才人」であることに引け目を感じながらも、足りない才を埋めるために、足しげく古文書館や博物館に通い、歴史や外国の科学技術について学び、知識を蓄えていく。

エテルニア国は、11種類の「才」と、それをコントロールする「術」=「才術」によって、生活に関わるものすべてが万全に整えられている完全無欠の世界。しかし、その平穏な世界に、突然想定外の出来事が起こる。それは、全ての「才術」を消失させてしまう「マジックアウト」と呼ばれる非常事態。「才」のうち「力」を持つ者によってコントロールされていた電力がなくなり、「空」を持つ者によってコントロールされていた気候が悪化、たちまち食料不足に陥るなど、国中に大きな不安と混乱が広がっていく。そこで、これまで必死にあらゆる知識を蓄えてきたアニアに国を救うための意見が求められる。「才術がなければ、自分たちの頭と、手を使えばいいのです」というアニアの言葉が胸にぐっと迫る。

全てを失ったかのようなエテルニア国に、再生への道はあるのか?アニアは国を救えるのか?国の存続の運命を委ねられるのが、「才」に恵まれた者ではなく、「無才人」のアニアだということや、そのアニアが一歩一歩前に進もうとする姿に、読んでいて強く励まされる。主人公のアニアをはじめ、アニアの友達、両親、両親の友人、賢者など、物語が進むにつれて、キャラクターがより生き生きとしていく様子にも注目したい。丹地陽子さんの描く異国を感じさせる登場人物たちのイラストもまた美しく魅力的で、物語の世界に、より気持ち良く没頭させてくれる。

現実の世界にも置き換えられるようで、あらためて様々なことを考えさせてくれる本格長編ファンタジー三部作の幕開け。小学五年生ぐらいから大人の方まで幅広い年代の方に。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

日本図書館協会選定図書

エテルリア国は、だれもが才を持つ国。
そんななか、無才人として生まれた14歳の少女アニア。
アニアは書物を読んで暮らしていた。
そんなときに、国を覆う暗雲が・・・。
長編本格ファンタジーの幕開け。

ベストレビュー

心に残る本

孫が読んで大変感激していたので、私も続いて読みました。
孫といっしょに楽しめる本というのはあまりないので、大変感銘を受け、レビューを書くことにしました。
ばあちゃんとしては、現在の日本が抱える問題に近似している、電力不足や食糧難といった問題を解決していく部分が大変興味深かったです。
孫にとっては、なにもできない「無才」で、差別されて少しいじけていた子が、ずっと地道に努力して培ってきた知識を使って、やがて社会の役に立って行くという、ヒーロー的じゃない子の活躍が、特におもしろかったようです。
表紙の絵は、内容が内容なだけに、私はもうすこし、おとなが手にとりやすい重厚感のあるものがよかったのではと思いましたが、孫は気に入っていたようで、ここだけ意見がわかれました。もっとも児童書のようなので、これでいいのでしょう。
ファンタジーといっても、飛んだり、戦ったり、妖精が出てきたりといった典型的な内容ではなく、大変現実的です。
設定がファンタジーというだけで、どちらかというと社会派、エコロジー派のリアルな物語だと思いました。
考えさせられ、励まされることも多く、お勧めできる良い作品だと思います。
2巻目を、孫と一緒に、楽しみにしています。
(カンコンさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 まどかさんのその他の作品

日がさ 雨がさ くもりがさ / コケシちゃん / スーパーキッズ(2) さらば自由と放埒の日々 / マジックアウト(3) レヴォルーション / カフェ・デ・キリコ / マジックアウト(2) もうひとつの顔

丹地陽子さんのその他の作品

あの花火は消えない / ポプラ世界名作童話(3) 小公女 / ジゼル クラシックバレエおひめさま物語 / 迷宮ヶ丘 八丁目 風を一ダース / ずっと空を見ていた / 迷宮ヶ丘 四丁目 身がわりバス



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

マジックアウト(1) アニアの方法

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット