貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
こどものとも 日本の昔話 たぬきえもん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こどものとも 日本の昔話 たぬきえもん

  • 絵本
再話: 藤巻 愛子
絵: 田澤 茂
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「こどものとも 日本の昔話 たぬきえもん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年03月01日
ISBN: 9784834082258

4才から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、となり村で芝居をしていた役者たぬきえもんは、おっかあが病気だという知らせに急いで家へ帰ろうと、ばけものが出るという峠を登っていきました。日が暮れたとたん、ばけものが目の前に現れます。ところが、ばけものはたぬきえもんを、人間に化けたたぬきだと勘違いしました。他のものに化けてみろという化け物の注文に、たぬきえもんは芝居のお面を使って……。山梨の昔話。

ベストレビュー

山梨の昔話

「こどものとも 日本の昔話 10のとびら」
ということで
新刊コーナーにありました

「たのきゅう」だよね???
と、内容は似ていますが
山梨でのおはなしのようです

言葉が、むずかしい・・・
関西弁とか、沖縄とかは
なんとなくメディアや
ニュアンスでこんな感じかな?と、思いますが
山梨の知り合いはほとんどいないし・・・

最後のしめのことばも
「ぼんのくぼ」!!!!!

「ぼんのくぼ」は、頭と首の間の呼び名と同じ?
東山梨郡 と記されています

昔風な絵が素敵な雰囲気で
ばけものが、怖いけど
なんか、憎めない表情

たぬきえもんのお面がとても素敵です
そして、最後も!

昔話って、いいですね
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

こどものとも 日本の昔話 たぬきえもん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット