しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
漁師とおかみさん グリム兄弟の童話から
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

漁師とおかみさん グリム兄弟の童話から

作: カトリーン・ブラント
訳: 藤本 朝巳
出版社: 平凡社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年07月
ISBN: 9784582832280

A4変型判  24頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

助けたお礼に願い事をかなえてくれるというサカナに、漁師のおかみさんの願いはエスカレート……。よく知られたグリム童話を力強く美しく絵本化。ドイツ児童図書賞画家の代表作。

ベストレビュー

欲は底なし 

この話を読んですぐにプーシキンの『きんのさかな』を思い浮かべました。
出店は同じ伝承なのでしょうか。
比べてしまうと、この『漁師とおかみさん』はがさつさを感じます。
欲もほどほどという教訓話にしては、おかみさんのテンションの上がり方がパターン的。
次々と裕福になっていくのですが、深掘りがない。
その点、『きんのさかな』では、裕福になっていく段階での生活感がありました。
ご主人と奥さんの人間関係もありました。
描かれている絵が、『きんの…』ではおじいさんおばあさんなのに、『漁師と…』では若者。
夫婦の力関係がまだ若々しいのです。
絵を見ると人のよさそうなおかみさんと、気の弱そうな若い旦那が描かれています。
人間って欲でこうもかわってしまうのでしょうか。
極端なだけに笑っていられるのが救いです。
くれぐれも神様になろうなどとは思わないように。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カトリーン・ブラントさんのその他の作品

ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から / こびととくつや

藤本 朝巳さんのその他の作品

松居直と絵本づくり / ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび / 宝島 / まあ、なんてこと!



忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

漁師とおかみさん グリム兄弟の童話から

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット