貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
げんきにわんわん−戌(いぬ)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

げんきにわんわん−戌(いぬ)

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784861010385

あの人の干支は?>>>

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

こイヌがげんきにわんわん。ここちよい距離。
五味太郎の干支(エト)セトラ絵本第二弾。

ベストレビュー

とおくにいるのが…

『干支セトラ』シリーズです。
「わんわん」言ってる犬のことを説明している二人(二匹)がお話を進めてくれます。主人公らしい犬は、絵本の中ではずっと「わんわん」言ってるだけ。
お母さんとご近所の人(犬)が話をしているって、感じで私は読み聞かせしました。
何に対しても「わんわん」やっている子を、手助けする訳でもなく、離れた所で見ていて(見守っている?)「○○は育つというでしょ」と、笑って話している。
あぁ、私もこういうお母さんにならなければ!と思いました。
背表紙の五味さんの言葉もいいです。ぜひ読んで!
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / つくえはつくえ / 絵本 むかし話ですよ / なんでもできる!? / いそいでおでかけ / げんきにおでかけ



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

げんきにわんわん−戌(いぬ)

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット