しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
十月・収穫、感謝のはなし いのこのまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十月・収穫、感謝のはなし いのこのまつり

作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,068 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年09月
ISBN: 9784333015344

26×22cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

老夫婦は猪に、「畑を手伝ってくれたら娘を嫁にやる」と、約束してしまいます。そして末娘が嫁ぐことになりますが…。田畑の収穫を祝う「亥の子祭り」の由来話

ベストレビュー

収穫感謝の祭

旧暦10月に行われている「亥の子祭り」、収穫感謝の祭の由来についての再話です。
3人娘しかおらず、男手が無く、畑仕事に苦労していた老夫婦に、
イノシシが、畑仕事を手伝ったら、娘を嫁にほしい、と話を持ち掛けます。
軽く請け負ったところが、イノシシがノルマの仕事をしてしまい、
夫婦は娘を差し出すことに。
でも、頭のいい末娘は見事にイノシシを退治してしまいます。
ところが、イノシシの祟りが…。
この祟りを鎮めるために、というのが始まりだそうですね。
イノシシ退治の場面は、昔話らしく、かちかち山とよく似ていますね。
あとがきによると、秋から冬への区切りでもあるようです。
祭りに込められた古来の人々の想いを体感してほしいですね。
幼稚園児くらいから、どうぞ。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

谷 真介さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記12 キリスト / 4さいからの豊かな心を育てるお話 / ふしぎな黒イヌ / あわてんぼうのニワトリねえさん / ヒツジのおやこのおくりもの / 赤ちゃんをまもったサル

赤坂 三好さんのその他の作品

トミーは大いそぎ / はだかの王さま / おもちのすきなヘビのおふじ / たまごから生まれたウマ / リュウのむすめとおいしゃさん / イノシシとお月さま



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

十月・収穫、感謝のはなし いのこのまつり

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット