もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
街のいちにち A day in the life
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

街のいちにち A day in the life

作・絵: 杉田 比呂美
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,748 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「街のいちにち A day in the life 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

息子、はまって自分版製作。

親子ともども、一目見て「おぉっ」とはまった絵本です。
とある街の一日を時間ごとに追うのですが、
1ページのなかに12個の小さなコマがあります。
その小さなひとこまひとこまが、12人の登場人物たちの様子を
描いています。
そしてページ下部には街の全景(といっても、ページごとにいろんな通りに切り替わります)

赤ちゃんや旅人や看護婦さんや消防車にジャーナリスト。
銅像や動物園のライオンまで。
老若男女のそれぞれの暮らしぶりが時に接触して、ストーリーが進んだり。
文字のない絵本ですが、じっくり見れば見るほどに発見があります。
私はこれを「神様視点」といい、夫は「三谷幸喜の映画みたいだね」と。
6歳の息子はすっかり「これ面白い!!」と気に入ってしまい、
登場人物を我が家の家族で
自分版「街のいちにち」を落書き帳に描いていました。笑

図書館で借りて、とても欲しくなりしらべたところ、
とても残念なことに廃盤のようでしたが、ラッキーにも古本を手に入れられました。
これでこころゆくまでじっくり見られ嬉しいです。
(10月さん 30代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ


杉田 比呂美さんのその他の作品

ゆうだちのまち / ぼくたちの相棒 / 続・12月の夏休み / 12にんのいちにち / 謎の国からのSOS / 宇宙犬ハッチー



主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

街のいちにち A day in the life

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット