貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
講談社青い鳥文庫 コップのなかの夕空(3)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 コップのなかの夕空(3)

  • 児童書
作: 名木田恵子
絵: 伊奈明子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥620 +税

「講談社青い鳥文庫 コップのなかの夕空(3)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年01月
ISBN: 9784061486737

ページ数:234

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

心のドアを閉ざしているのは……お母さん? 友だち? それとも――?
涙なしには読めない完結編―あなたの心のドアを熱くノックします―

三四郎とつきあいながらも、瞳矢(とうや)への断ちがたい思いに悩む青花(せいか)。「裏切らないでっ!」選子(えりこ)の言葉が青花につきささる。三四郎を傷つけたくない一心で、瞳矢と青花はおたがいの本心をかくしとおそうとするが……。一方、父の入院をきっかけに、青花と家族にも変化が起きはじめる。そして3学期。新しい別れと旅立ちが近づいていた――。感涙の完結編。

ベストレビュー

完結

青花が好きな人は…。
2巻で瞳矢と三四郎どっちが好き?とあとがきにあったのですが、全部読み終わった後の私は三四郎かな。いえ、どちらも素敵な男の子なのですが。まあ好みの問題ですね。
どの人の心情も分かるけれど、それでも納得がいかない人もいました。母親と選子。気持ちは分かったけれど、もっと自分を律しないと!私も当事者でなく他人事だから言えるのかもしれませんが。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


名木田恵子さんのその他の作品

風夢緋伝 / 空のしっぽ / air だれも知らない5日間 / トラム、光をまき散らしながら / バ−スディクラブ 第6話 / バ−スディクラブ 第5話

伊奈明子さんのその他の作品

グリーン・レクイエム / コップのなかの夕空 2 / コップのなかの夕空 1



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

講談社青い鳥文庫 コップのなかの夕空(3)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット