あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ハナンのヒツジが生まれたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハナンのヒツジが生まれたよ

  • 絵本
作: 井上 夕香
絵: 小林 豊
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヨルダンの羊飼いの少女ハナンの物語
世界は広い。いろいろな国がある。いろいろな暮らしがある。いろいろな文化のなかで、いろいろな人が、いろんなふうに生きている。これはイスラムのきまりを守り、砂漠のテントで暮らしている、ベドウィンの人たちのお話です。
 砂漠に春がやってきました。一年ぶりのめぐみの雨。羊飼いの少女ハナンの家でもヒツジの赤ちゃんが生まれました。
 砂漠の夏は、どこもカラカラ。オアシスの泉を求めて、砂漠を移動。やっと水場が見つかって、新しい土地での新しい暮らしが始まります。
 そして、イスラム暦の第9月は断食月(ラマダーン)。この1か月は、日の出から日の入りまで、断食をしなければなりません。
 ラマダーンが終わると、楽しいイードのお祭り。でも、ハナンには悲しいことが……。ハナンが一生懸命育てたヒツジが、売られてしまうからです。
 きびしい自然の中で生きてゆく、ベドウィンの人たちの一年を綴った、雄大な絵本です。

ベストレビュー

中東ヨルダンの12歳の少女の生活

作者が中東ヨルダンに滞在して見聞した、人々の生活に基づいた作品。
ベドウィンという、遊牧民族の、12歳の少女ハナンの生活が描かれます。
ハナンは、稼ぎの少ない両親を手伝い、学校に行かずにヒツジ放牧を任されているのです。
砂嵐、夏の渇水など、厳しい砂漠の様子がわかります。
そして、イスラム教のラマダーン(断食月)。
厳しい規律を、子どもも守るのですね。
ハナンが大事に育てた子ヒツジたちも、売られていきます。
いけにえ祭りなど、独特の風習から、ハナンはヒツジ肉を食べる意味などを知るのですね。
12歳の少女の生活、ということで、世界の子どもたちの様子を知るきっかけになりそうです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 夕香さんのその他の作品

しあわせな動物園 / ポプラ社ノンフィクション(1) わたし、獣医になります! / 星空のシロ

小林 豊さんのその他の作品

長崎ものがたり お船が出る日 / リーかあさまのはなし / 白い街 あったかい雪 / 淀川ものがたり お船がきた日 / とうさんとぼくと風のたび / 遠い親せき



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ハナンのヒツジが生まれたよ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット